JR貨物/敦賀港線を来年4月廃止、需要減で運行めど立たず

2018年12月18日 

JR貨物は12月18日、第1種鉄道事業線区の北陸線 敦賀~敦賀港間(敦賀港線)を、2019年4月1日付で廃止すると発表した。

<鉄道線路略図>
鉄道線路略図

敦賀港線は北陸線の敦賀駅と敦賀港駅間を結ぶ全長2.7㎞の鉄道区間で、化学工業品や食料工業品のコンテナ輸送に用いられていたが、2009年度に発送量の大幅減を受けてトラック輸送に形態を変更。

その後も列車の運行再開に見合う需要が見込めなかったことから、2016年4月1日に路線を休止し、廃止を含めた検討や廃止した場合の再活用について、関係自治体と協議を続けてきた。

しかし、列車の運行再開に見合う需要が引き続き見込めず、また、関係自治体との協議で同区間の事業廃止について確認が取れたことから、12月18日に国土交通省へ廃止を届け出た。

敦賀港新営業所でのコンテナ貨物の取り扱いについては、従来通りトラック輸送を行い継続する。

■敦賀港線の概要
線名:北陸線
区間:敦賀駅(起点)~敦賀港駅(終点)
途中駅:なし
キロ程:2.7㎞
鉄道事業種別:第1種鉄道事業
列車本数:なし(12月現在)
輸送品目:化学工業品、食料工業品
開業:1882年3月
貨物列車運行終了日:2009年4月1日
廃止予定日:2019年4月1日

最新ニュース