全但バス、ヤマト運輸/訪日観光客のため手ぶら観光サービス開始

2018年12月18日 

全但バスとヤマト運輸は12月18日、関西地域で初めて、高速バスによる「“観光支援型”客貨混載」を活用した新しい手ぶら観光サービスを12月19日に開始すると発表した。

<フロー図>
フロー図

増加する訪日外国人の顧客のより快適な観光を実現する。

輸送の流れは、「SOZORO」のカウンターで預かった荷物は、城崎温泉から大阪市内にあるヤマト運輸大阪大淀支店まで、高速バスによる「客貨混載」で輸送する。大阪大淀支店で行き先ごとに仕分けし、各ホテルへ届ける。

料金は2030円で、この金額は送料のみ。別途、バスに乗車するための運賃がかかる。

<手荷物を預けるときは「SOZORO」のカウンターで>
手荷物を預けるときは「SOZORO」のカウンターで

<当日中に大阪市内のホテルで手荷物が受け取れる>
当日中に大阪市内のホテルで手荷物が受け取れる

利用の流れは、まず旅行前に顧客が事前に全但バスが運営する城崎温泉ツーリストインフォメーション「SOZORO」のサイト、もしくはインバウンド向け宿泊予約サイト「Visit Kinosaki」で、手ぶら観光サービス(ハンズフリートラベルサービス)の利用を申し込む。顧客用に2次元コードが発行される。

城崎温泉で旅館をチェックアウトした後、顧客が「SOZORO」のカウンターに手荷物を持ち込み、カウンターで事前に発行されている2次元コードをかざすと、宅急便の送り状が発行される。顧客は、送り状を手書きする必要もなく、身軽な手ぶら観光を楽しむことができる。

大阪市内のホテルで手荷物を受け取る場合は、顧客は城崎温泉で預けた手荷物を、宿泊先となる大阪市内のホテルで、チェックイン時に受け取ることができる。

<出発式の様子>
出発式の様子

なお、12月18日11時より、城崎温泉ツーリストインフォメーション「SOZORO」にて、出発式を行った。

最新ニュース

物流用語集