三重県桑名市に建設中の大型物流施設/来年1月25日、見学会

2018年12月17日 

ecoプロパティーズがアセットマネジメント業務を受託した三重県桑名市に建設中の物流施設「桑名ロジスティクスセンター」ついて2019年1月25日、見学会を実施する。

<桑名ロジスティクスセンター>
桑名ロジスティクスセンター

同センターは、大和ハウス工業、東急不動産、日立キャピタルが主に出資をしている桑名開発特定目的会社が企画・建設している。

2019年5月末に竣工予定の中部圏で最大規模を誇る先進的物流施設で、建物は地上6階建(倉庫部分5階建)、延床面積約13万m2、ワンフロア賃貸面積約2万6400m2の規模。最小賃貸面積は約4950m2。

2018年12月に上棟し、現在建物内部の工事を進めているが、一部の区画について実際に倉庫内の見学会を開催する。

<広域地図>
広域地図

<狭域地図>
狭域地図

東名阪自動車道桑名ICから約6km(車両約10分)、桑名東ICから約7.9km(車両約11分)に位置し、名古屋市内および名古屋港への交通利便性に優れた立地。

整備中の東海環状自動車道や新名神高速道路の開通により、この交通利便性がさらに高まり、東日本と西日本の新たな結節点となることが期待されている。

共用部分には先進的物流施設に相応しい充実した設備(休憩室、売店、シャワー室等)の設置を計画しており、庫内作業の効率性と同時に施設利用上の快適性を提供できる仕様となっている。

■開催概要
日時:2019年1月25日(金)
(1)10:30~/(2)15:30~
所在地:三重県桑名市多度町力尾字沢地4076(地番)
高速道路:東名阪自動車道桑名IC約6km(車両約10分)、桑名東IC約7.9km(車両約11分)

■詳細・申込み
http://www.ecoprop.co.jp/pdf/kuwana20181217.pdf

■桑名ロジスティクスセンター概要
所 在 地:三重県桑名市多度町力尾字沢地4076(地番)
敷地面積:70,253.35m2(21,251.63坪)
用途地域:市街化調整区域(2019年に工業専用地域へ編入予定)
構造:地上6階建(倉庫部分5階建)/SRC+S造
賃貸面積:13万3222m2(ワンフロア約2万6400m2、最小賃貸面積約4950m2)
竣工日:2019年5月末日(予定)
アクセス:東名阪自動車道桑名IC約6km(車両約10分)、桑名東IC約7.9km(車両約11分)

■問合せ
ecoプロパティーズ
担当:河合 
kawai@ecoprop.co.jp
TEL:03-3519-5940

最新ニュース

物流用語集