ヤマトHD/障がい者バドミントンを支援

2018年12月14日 

ヤマトホールディングス(YHD)は12月14日、日本障がい者バドミントン連盟(JPBF)とオフィシャルサプライヤー契約を締結したと発表した。

<日本障がい者バドミントン連盟の選手たち>
日本障がい者バドミントン連盟の選手たち

障がい者バドミントンは、東京2020パラリンピック競技大会から実施される競技となる。障害の程度に応じて3つのカテゴリー(立位上肢・立位下肢・車いす)に分かれており、さらに、障害の度合いによって6つのクラスに分けて行う。

2018年9月に日本で開催された国際大会では9個の金メダルを獲得したこともあり、競技人口も増加傾向にあり、非常に注目されている競技。こうした選手の活躍の場が広がる一方、競技用車いすを輸送する仕組みは確立されておらず、選手自身が自家用車で輸送したり、対応できる配送業者を都度探すなど、試合前後の選手の負担となっている場合がある。

YHDは、競技用車いすの輸送支援によって、選手の負担軽減を図り、選手が競技に集中できる環境作りをサポートすることで障がい者バトミントンの更なる発展に貢献していくとしている。

主な支援内容として、JPBF加盟選手の国内強化合宿、海外遠征、国内主要大会等への参加にあたり、競技に使用する車いすの国内における輸送を行う。利用を希望する選手の受付窓口業務を含めたスムーズな輸送を実現する。

また、障がい者バドミントンの競技用車いすの輸送に適した輸送資材の開発を行い、強化指定選手に提供するとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集