日本ロジファンド/大阪西淀川物流センターを26億円で取得

2018年12月14日 

日本ロジスティクスファンド投資法人は12月14日、大阪西淀川物流センターをヒューリックから26億円で取得すると発表した。

<大阪西淀川物流センター外観>
大阪西淀川物流センター外観

<広域図>
広域図

<詳細図>
詳細図

大阪西淀川物流センターの立地は西日本最大の消費地である大阪中心部から約9㎞に位置しているほか、大阪港などへのアクセスも良好な大阪西淀川エリアに所在。阪神高速5号線湾岸線中島IC至近で、近郊都市部への集配送の拠点立地として評価が高く、大手・地域物流事業者のほか、都市部の集配拠点を求めるメーカーや小売関連事業者等のニーズが期待できるとしている。

施設では、有効柱感覚9.3m×10.9m、基準階有効天井高5.6m~6.7m、床荷重1.5t/m2と標準的な設備仕様を備えた汎用性の高い2層のボックス型物流施設。22台の高床式接車トラックバースと垂直荷役設備(貨物用エレベータ及び垂直搬送機2基)を配置することにより、貨物の効率的な入出庫や庫内移動、保管が可能である、幅広いテナントニーズに対応する。

なお、日本ロジファンドは中長期的な成長に資する物件取得のためのルート確保を目的とし、不動産市場での入札等による「不動産売買マーケットでの取組み」と相対取引や取得機会の自律的創出による「独自の取組み」の2つのアプローチを推進している。この2つのアプローチをバランスよく組み合わせることで、資産規模拡大と利回りでの物件取得をバランスよく実現でき、1口あたりの分配金の安定性と成長性の追求が可能になると考え取得を決めたもの。

■概要
物件名称:大阪西淀川物流センター
所在地:大阪府大阪市西淀川区中島2-9-133
面積:8263m2
用途地域:工業専用地域
容積率:200%
建物
構造/階数:鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき3階建て
建築時期:2005年6月20日
延床面積:9347.61m2
総賃貸可能面積:9341.61m2
取得日
契約予定日:12月20日
引渡予定日:12月20日

最新ニュース

物流用語集