JR貨物/物流施設「東京レールゲート WEST」、鴻池運輸と賃貸借予約契約

2018年12月13日 

JR貨物は12月13日、鴻池運輸と、東京貨物ターミナル駅で開発中の「東京レールゲート WEST」で第1号となる約8400m2の賃貸借予約契約を締結したと発表した。

<東京レールゲート WEST>
東京レールゲート WEST

<共用ラウンジ>
共用ラウンジ

「東京レールゲート WEST」は JR貨物初のマルチテナント型物流施設であり、2018 年9月に着工、2020年2月の竣工に向けて工事を進めている。賃貸面積は約4万3000m2で、陸・海・空の物流結節点に位置し、免震構造、72時間対応非常用発電機を備えたモーダルシフトの拠点となる先進的物流施設。

2022年8月竣工予定の東京レールゲート EAST(賃貸面積は約14万8000m2)と2棟で東京ベイエリア最大級の物流施設となる。

テナントリーシングでは、倉庫床の不動産賃貸に加え、JR貨物グループ一丸となった総合物流サービスを提案している。鉄道利用運送事業者をはじめ、国際フォワーダー、倉庫、大手メーカー、小売業など各社様から多くの引き合いがあるという。

「東京レールゲート WEST」、「東京レールゲート EAST」と鉄道コンテナ輸送を組み合わせた物流サービスで、「JR貨物グループ中期経営計画 2021」に掲げる「総合物流企業への進化」を実現していくとしている。

■概要
名称:東京レールゲート WEST
所在地:東京都品川区八潮 3(東京貨物ターミナル駅構内)
竣工:2020年2月(予定)
賃貸床面積:4万3291m2
構造・階層:PC 造・地上7階建て(倉庫は 2~6階)
BCP:免震構造・72時間対応非常用発電機
アクセス:首都高速 湾岸線 大井南 IC 約 2km
首都高速:横羽線平和島IC約2km
     東京港 国際コンテナターミナル 約 2km
     羽田空港 国際貨物地区 約4km

最新ニュース

物流用語集