JR貨物/11月のコンテナ貨物輸送量3.4%減、豪雨・台風の影響依然続く

2018年12月13日 

日本貨物鉄道(JR貨物)が12月13日に発表した11月の輸送動向によると、コンテナ貨物の輸送実績は193万4000トン(前年同月比3.4%減)、車扱は74万8000トン(7.1%減)となった。

11月は「平成30年7月豪雨」および東北線・東海道線での輸送障害等の影響により、高速貨192本が運休となった(前年は、高速貨14本が運休)。

コンテナは、自動車部品が大手自動車メーカーの増産に伴って東海地区から東北地区向けの輸送が好調に推移したほか、家電・情報機器ではドライバー不足による鉄道へのシフトが進んだことおよび停電時も使用可能な暖房器具の需要が伸びていること等から増送となった。

一方、紙・パルプが国内需要の減少に伴って大幅に減送となったほか、農産品・青果物は、夏季の天候不良に伴い生育不良となった北海道産の生野菜、馬鈴薯、玉葱等が低調に推移した。また、山陽線開通後も「平成30年7月豪雨」による影響を一部受けている、食料工業品、化学工業品、化学薬品等が前年を下回った。

車扱は、石油が冬季の需要期に入ったものの前年と比較して気温が高く推移したことから、灯油を中心に低調な荷動きとなり、車扱全体では前年比92.9%となった。

コンテナ・車扱の合計では、前年同月比4.4%減となった。

最新ニュース