ブルボン/AIで自販機の配送ルート最適化、オプティマインドと共同実証

2018年12月13日 

ブルボンは12月13日、AIを活用して多用途自動販売機「プチモール」の配送ルートを最適化する実証実験を、2019年1月に開始すると発表した。

<配送ルート最適化のイメージ>
配送ルート最適化のイメージ

実験は、ブルボンの先端工学技術研究所と自販機販売部、名古屋大学発スタートアップのオプティマインドが共同で実施する。

<Loogiaの最適化ルート提案イメージ>
Loogiaの最適化ルート提案イメージ

<配送車へのシステム設置>
配送車へのシステム設置

<プチモールのメンテナンス業務>
プチモールのメンテナンス業務

オプティマインドが開発した配送ルート最適化クラウドシステム「Loogia(ルージア)」によって、プチモールから逐次収集する商品販売データからメンテナンスの優先度を算出し、AIで配送車両と配送先のプチモール、配送順を最適化提案。この最適化情報に基づいた業務実証によって、有効性とシステムのスパイラルアップを検証する。

AIを搭載したラストワンマイル管理でルートの最適化を図り、移動時間を短縮することで、メンテナンス精度の向上に加え、作業効率の向上による働き方改革や、作業環境の改善、ベテランのノウハウの共有化、移動ルート選択のハードル低減、労働時間の改善による生産性向上などを実現する。

ブルボンとオプティマインドは、10月から配送ルートの最適化に向けて、必要な条件設定や準備作業などの共同研究を進めてきた。

最新ニュース

物流用語集