日本GLP/千葉県流山市の物流施設2棟がLEEDゴールド認証

2018年12月12日 

日本GLPは12月12日、千葉県流山市で2月と5月にそれぞれ竣工したGLP流山IとGLP流山IIが、「LEEDゴールド」認証を取得したと発表した。

<GLP流山I>
GLP流山I

<GLP流山II>
GLP流山II

徒歩圏内にバス路線が2路線あり代替交通手段が確保されている点、排水の浄化・再利用による節水、全館LED照明の採用や施設内での太陽光発電といったエネルギー効率最適化への取り組みが評価された。

両施設は、2019年2月に竣工するGLP流山IIIと併せ、3棟で総延床面積32万m2、投資総額590億円となる大型プロジェクト。

従来の物流施設には無かった生産加工、保管、流通加工、配送まで、物流プロセスをトータルで網羅する次世代型の複合的な物流施設を計画している。

日本GLPの帖佐 義之社長は、「GLP流山I、GLP流山IIのLEEDゴールド認証取得は、日本GLPがテナント企業の物流効率化を支援するとともに、サステナブルな物流オペレーションを実現してきた成果。物流コストや作業の最適化と、快適な就労環境や環境配慮など付加価値の高い物流施設や物流ソリューションを提供し、企業市民としての責務を果たしていきたい」と述べた。

LEED(Leadership in Energy and Environmental Design)認証とは、米国グリーンビルディング協会が開発・運用を行い、世界的にも広く普及している建物と敷地利用についての環境性能評価制度。

総合的プロセス、立地と交通、敷地選定、水の利用、エネルギーと大気、材料と資源、室内環境、革新性、地域別重み付などの評価項目により、4段階のレベルに格付けされる。

LEEDゴールドは、プラチナに次いで4段階中2番目の高評価。今回の認証で、LEEDゴールド以上を取得している日本GLPの施設は8棟となった。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集