佐川急便など/宅配便幹線輸送のモーダルシフトで表彰

2018年12月12日 

佐川急便は12月12日、トヨタ輸送と2社共同での取り組みが、「第 17回グリーン物流パートナーシップ会議」で特別賞を受賞したと発表した。

<取り組み内容>
取り組み内容

受賞内容は、愛知県~岩手県の宅配便幹線輸送をトヨタ輸送が運行する「TOYOTA LONGPASS EXPRESS」によってモーダルシフトするもの。

2017年11月から運行を開始しており、これによってトラック輸送にかかるドライバーの運行時間を年間で1685時間短縮したほか、CO2排出量を年間で100.2トン削減した。

<トヨタ輸送 加藤常務取締役(左)、グリーン物流パートナーシップ 杉山事業推進委員長(中央)、佐川急便 内田取締役(右)>
トヨタ輸送 加藤常務取締役(左)、グリーン物流パートナーシップ 杉山事業推進委員長(中央)、佐川急便 内田取締役(右)

トヨタ輸送がかねてから行っていた愛知県~岩手県間の自動車部品輸送について、専用列車の空きスペースを佐川急便が活用することで、輸送効率の向上を図りつつ、積載率の向上とドライバーの省人化を同時に実現したことが評価された。

最新ニュース