オカベマーキング/ICタグ活用で倉庫の検品業務を最大6分の1に削減

2018年12月12日 

オカベマーキングシステムは12月12日、提供する「RFIDタグ(ICタグ)を活用したアパレル商材の入出庫・棚卸管理システム」を、婦人服・服飾雑貨などの販売・企画と自社アパレルショップを展開するフクダの本社物流倉庫に導入し、作業時間・人員を最大で6分の1に削減させたと発表した。

<RFIDシステム構成図>
RFIDシステム構成図

導入後の成果として、本社物流倉庫の入庫・出庫・棚卸で一括検品が可能となった。ラケットタイプのRFIDハンディリーダーをかざすだけで入出庫検品が可能。読み取り結果はWi-FiでRFIDシステムに送信され、倉庫内のPCで入庫予定数と照合結果を表示する。バッテリーをリュックに内蔵しており約4時間稼働可能で、固定式やゲート式で行うよりもフレキシブルに作業できる。

また、入出庫処理と棚卸にかかる本社物流倉庫から作業時間・人員を大幅に削減した。バーコードタグとRFIDタグの検品に掛かる業務時間を比較すると、入庫の作業時間は人員を3分の1に削減、出庫の作業時間は人員を4分の1に削減、棚卸の作業時間は人員を6分の1に削減となった。

さらに、入庫実績を速やかにシステムへ送信可能になったため入荷検品済み商品の棚入れが速やかになり、荷物の停滞や拡散が解消。全国に30以上ある各店舗別にピッキングした商品の出荷検品もかざすだけで出庫処理ができ、店舗返品実績のデータと連携し、店舗から倉庫へ返送される商品も確実に管理できるようになった。

その他、基幹システムと連携したRFID値札ラベルの発行が可能、店舗での棚卸も一括検品が可能となった。

なお、システム導入前は本社物流倉庫に納品された商品タグのバーコードをスキャンして、数量入力、入荷予定リストと照合するため検品に時間がかかっていた。入庫処理が停滞し、在庫計上がスムーズに進まないという在庫管理の問題や、倉庫内の一時保管場所不足によって、入荷商品の場所が拡散、出荷作業時の動線が煩雑になり出庫処理の遅延につながる懸念があった。

出庫時も店舗別の出荷検品に入庫と同様の手間がかかり、店舗数が増えるにつれて倉庫内の検品業務は増加していた。一方で店舗では閉店後に検品作業していたため、棚卸のたびに残業時間が発生していた。

■RFIDソリューション導入事例ページ
https://www.okabe-ms.co.jp/solution/rfid-003.html

最新ニュース