カトーレック/神戸税関より認定通関業者(AEO)の認定を取得

2018年12月12日 

カトーレックは12月12日、神戸税関長からAEO精度の一つである「認定通関業者」の承認を12月6日に受けたと発表した。

<神戸税関石川紀税関長(左)よりカトーレックの加藤英輔社長に認定書が公布>
神戸税関石川紀税関長(左)よりカトーレックの加藤英輔社長に認定書が公布

これにより、輸出入貨物を取り扱う拠点で顧客へ利便性の高い通関サービスの提供が可能となった。

カトーレックは認定通関業者の承認取得により、貨物を保税蔵置場に持込むことなく、輸出申告ができる「特定委託輸出申告」、輸入申告と納税申告を分けることができる「特例委託輸入申告」等、認定通関業者だけに認められている通関鉄続きが可能となる。

日本国内と同社の海外拠点と連携した物流サービスの充実を図り、今後さらにグローバルロジスティクス事業を拡大することで、顧客の事業戦略をサポートする。

なお、AEO制度とは、民間企業と税関のパートナーシップを通じて国際貿易での安全確保と円滑化の両立を図るため、貨物のセキュリティ確保とコンプライアンスの体制が整備された事業者に対して認められる制度。世界各国で導入・相互承認が進んでいる。

最新ニュース

物流用語集