ナビタイム/iOS「カーナビタイム」車両管理、レシート読み取り機能を追加

2018年12月11日 

ナビタイムジャパンは12月11日、iOS向け「カーナビタイム」の車両管理に「レシート読み取り」機能を追加したと発表した。

<サービスイメージ>
サービスイメージ

この機能は、ガソリンスタンドで給油した際のレシートをスマートフォンで撮影するだけで、金額のみならず、日付、給油場所、給油量、油種を「カーナビタイム」の給油登録画面に自動で入力できる機能。

国内ほぼ全てのガソリンスタンド、油種に対応し、レシートを読み取った直後からデータの保存や編集が可能。

これまで給油登録画面に給油情報を入力する場合、支出した金額や日付を、ひとつずつ文字入力を行う必要があったが、この機能を利用することでより簡単に燃費管理ができるようになる。

この機能はAndroid OS向け「カーナビタイム」においても順次対応する予定だ。

今後、この機能でレシートから読み取ったデータとナビタイムジャパンが保有する情報を組み合わせ、よりお得で便利なガソリンスタンドを検索できる機能の追加など、 ユーザーの利便性の向上を目指すとしている。

最新ニュース