INSIGHT LAB/アップル引越センターに業務自動化プラットフォーム導入

2018年12月11日 

INSIGHT LAB(インサイトラボ)は12月11日、RPA(ロボットプロセス自動化)プラットフォーム「Automation Anywhere Enterprise」をアップル引越センターに導入したと発表した。

アップル引越センターでは従業員の連続勤務日数の確認や、顧客からのアンケートの集計・入力などの煩雑な業務を手作業で対応していたが、他業務との兼ね合いから確認頻度を減らしたり、対応しきれない業務を外注したりしていた。

こうした課題を解決するために業務を自動化できるRPAの導入を検討。選定に当たっては、どのような業務でも自動化できる汎用性の高いRPAを中心に検討した。最終的に、ロボットの管理機能や業界最高位のセキュリティレベルなど製品としての完成度を重視し、Automation Anywhere Enterpriseの導入を決定した。

「Automation Anywhere Enterprise」の評価ポイントは、「ロボットの稼働を完璧に制御できるサーバ管理機能」「ユーザーIDやパスワードが管理者以外に漏れない高いセキュリティレベル」「どのような業務でも自動化できる高い汎用性」の3点だった。

「Automation Anywhere Enterprise」はエンタープライズに最適化して設計された、唯一のRPAプラットフォームで、世界で最も多くのデジタルワークフォースを展開している。これまでのデスクトップ型の製品とは異なり、働いているロボットをサーバで一元管理することができ、セキュリティ対策や、組織内でのロボットの再利用が可能になる。

また、ロボットはGUIでシンプルに作成でき、物理環境・仮想環境・デスクトップ・クラウド等あらゆる環境で利用できるため、小規模でスタートし、 スケールアウトが可能だ。

最新ニュース