NTTロジスコ/千葉物流センター内に5.7万m2の新倉庫建設に着手

2018年12月11日 

NTTロジスコは12月11日、千葉県市川市にある千葉物流センター内の新倉庫(E棟)建設に着手したと発表した。

<NTTロジスコ 千葉物流センター E棟完成予想図>
NTTロジスコ 千葉物流センター E棟完成予想図

千葉物流センターは京葉道路原木ICから約5分、首都高速道路湾岸線千鳥町ICから約10分、2018年春に開通した東京外郭環状道路高谷JCTから約5分でアクセス可能。東京湾や成田空港をはじめ、高速道路を利用した関東圏全域へのアクセスにも優れた物流面において極めて利便性の高い地域に立地している。また、JR東日本京葉線二俣新町駅からも徒歩5分の距離にあり、顧客、従業員のアクセスについても絶好の環境。

このセンターでは、通信機器・IT機器等の検査や設定を行うIT機器物流、通信販売物流、自動車部品物流、医療機器物流等を中心に3PLサービスを提供している。恵まれた立地条件と物流センターの管理能力を多くの顧客から評価を得ており、このセンター敷地内の4棟の倉庫が満床となっている。

新倉庫では首都圏のメインセンターである千葉物流センターの拡大と機能強化を目指すとともに、最新の自動化設備やIT技術を活用し、シェアリングサービスを実現する次世代物流センターの構築を進めていくとしている。

新倉庫の特徴は、保管ラック配置を考慮した倉庫有効天井高さ6mを確保し、高効率な荷物保管が可能。空調設備を完備し、外壁に金属サンドイッチパネルを使用し空調効率を向上している。さらに、建物全体にLED照明を採用し環境に配慮している。

セキュリティ面では、監視カメラ・入退室セキュリティ機器を標準装備。BCP対策では、停電時の貨物エレベーターや自動化設備の可動を目的に400kVAの大型非常用発電機を設置している。

約400人が利用可能な広々とした休憩室 (約180坪)を配置、コンビニエンスストアを設置し従業員の利便性を向上するなど、アメニティの充実を図っている。

■概要
名称:NTTロジスコ 千葉物流センター E棟
所在地:千葉県市川市二俣717-88
構造:RC造+S造 地上6階建 (倉庫フロア4階)
延床面積:約5万7117m2
千葉物流センター全体面積:約14万1652m2
着工:2018年11月
竣工予定:2020年3月

最新ニュース