プロロジス/海老名市と神戸市に冷蔵対応の物流施設開発に着手

2018年12月11日 

プロロジスは12月11日、神奈川県海老名市に「プロロジスパーク海老名2」、兵庫県神戸市に「プロロジスパーク神戸5」の開発に着手したと発表した。

いずれも、マルチテナント型物流施設として開発し、施設の一部を冷蔵ニーズに応える設計とする予定だ。「プロロジスパーク海老名2」の竣工予定が2021年2月末、「プロロジスパーク神戸5」の竣工予定が2020年11月末となっている。

<「プロロジスパーク海老名2」の立地場所>
「プロロジスパーク海老名2」の立地場所

<「プロロジスパーク海老名2」完成予想バース>
「プロロジスパーク海老名2」完成予想バース

「プロロジスパーク海老名2」の開発予定地は、県央厚木ICからわずか1.9㎞、海老名ICからも約3.3㎞と至近に位置し、2020年度上期には、約6㎞の地点に東名高速道路(仮称)綾瀬ICが開通予定だ。

圏央道と東名高速道路との交差部にあたるため、関東全域および西日本方面や都心部へアクセスしやすい立地となっている。

また、建設場所から約200mの地点を走る国道246号も利用しやすく、藤沢、鎌倉、横浜市中心部、首都圏西部など、首都圏主要消費地をカバーできる拠点として需要が高い好適地。

さらに、小田急線「海老名駅」からも約2㎞と近く、周辺には住宅地が広がっているため、施設内従業員の雇用確保にも有利である。

「プロロジスパーク海老名2」は約1万7000m2の敷地に地上4階建、延床面積約3万9000m2の施設として計画している。1階部分はドックシェルターを備えた冷蔵仕様とし、首都圏消費地への食品配送などのニーズに応える。2~4階はドライ仕様とする予定。1階のカスタマーと、2~4階を利用するカスタマーの2社が入居することを想定し、1階と2階にトラックバースを備える計画だ。

<「プロロジスパーク神戸5」の立地場所>
「プロロジスパーク神戸5」の立地場所

<「プロロジスパーク神戸5」完成予想バース>
「プロロジスパーク神戸5」完成予想バース

「プロロジスパーク神戸5」は、神戸市内陸部に神戸市が開発する「神戸テクノ・ロジスティックパーク」内に開発する。このパーク内では既に「プロロジスパーク神戸」、「プロロジスパーク神戸2」が稼働中で、3棟目の「プロロジスパーク神戸4」が今年の5月に着工済みだ。

開発地は山陰自動車道「神戸西IC」より900mと、交通アクセスに優れた地点にある。新東名高速道路を利用し、京都・奈良・滋賀・中京方面へアクセスしやすく、山陽自動車道を経て、全国に広がる広域幹線網にも直結しており、西日本広域をカバーできる戦略的な物流拠点。

また、JR三ノ宮駅、神戸市営地下鉄西神中央駅からのバスもあり、従業員にとっても交通の便が良い立地。さらに、神戸市内陸部の丘陵地帯に位置しているので津波等の災害リスクがなく、地盤が強固なため、防災性に優れている。

「プロロジスパーク神戸5」は、約2万m2の敷地に、地上4階建て、1階と3階にトラックバースを備えた延床面積約4万6000m2のマルチテナント型物流施設として開発する。医薬品や食品など温度管理が必要な保管ニーズが見込まれるため、冷凍・冷蔵ニーズに対応しやすい設計を検討している。

また、地域特性として自家用車による通勤者が多いことが想定されるため、敷地内に自走式立体駐車場を含む約190台分の駐車スペースを整備し、入居企業の雇用対策をサポートする。

■概要
名称:プロロジスパーク海老名2
所在地:神奈川県海老名市
敷地面積:約1万7000m2
延床面積:約3万9000m2
構造:地上4階建
着工予定:2019年11月
竣工予定:2021年2月末

名称:プロロジスパーク神戸5
所在地:兵庫県神戸市見津が丘
敷地面積:約2万m2
延床面積:約4万6000m2
構造:地上4階建
着工予定:2019年9月
竣工予定:2020年11月末

最新ニュース