物流ロボットプログラミングコンテスト/賞金総額5百万円、12月20日受付

2018年12月10日 

ダイワロジテックとYRPユビキタス・ネットワーキング研究所は12月10日、「ダイワロジテック『Intelligent Logistics Center:物流ロボット プログラミングコンテスト』」を12月20日から実施すると発表した。

このコンテストは、ダイワロジテックのグループ企業が運営する実在の物流施設を舞台に、物流のロボットを最適に制御するアルゴリズムを競う、プログラミングコンテスト。賞金総額500万円で、国内外の開発者がプログラミング技術を競う。

エントリーの受付は、12月20日から2019年4月20日、応募の受付は2019年1月19日から2019年4月20日までで、結果発表・表彰式を2019年6月に実施する。

競技は、フレームワークスが運営する物流施設「Intelligent Logistics Center PROTO」(ILCP)を利用。複数の荷主企業が施設を共同利用する従量課金制を導入したシェアリングモデルの次世代物流施設だ。

コンテストでは、物流ロボットが多数稼動する未来の物流施設の構想に資することを目的として、ILCPでの入荷や出荷の実績データなどを公開する。このデータを利用して、物流ロボットを最適に動かすプログラムを募集する。

■概要
主催:ダイワロジテック
特別協力:大和ハウス工業
共催:YRPユビキタス・ネットワーキング研究所
協力:INIAD 東洋大学情報連携学 学術実業連携機構
後援:フレームワークス、エアークローゼット、Tokyo Otaku Mode Inc、Hacobu
審査委員長:坂村健(INIAD 東洋大学情報連携学部)学部長、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所所長
審査員:秋葉純一(ダイワロジテック社長)
浦川竜哉(大和ハウス工業取締役常務執行役員)
佐々木太郎(Hacobu社長)
賞金総額:500万円(最優秀賞300万円、奨励賞200万円
コンテストWebサイト
https://daiwalogitech-contest.jp

最新ニュース