日通/国内グローバル企業の担当者120名招き、海外赴任等でセミナー

2018年12月10日 

日本通運は12月10日、国内グローバル企業の海外人事・総務担当者など約120名を招き「日通グローバルサポートセミナー」を開催したと発表した。

<小岩和男氏による講演の様子>

セミナーでは、今話題となっている「働き方改革」と「メンタルヘルス」をテーマに海外赴任の観点で取り上げ、顧客が抱える課題の解決に向け、幅広い分野でサービスが提供できる存在として、日通のプレゼンス向上を目指して開催したもの。

セミナーでは、社会保険労務士小岩事務所による「働き方改革と海外労務管理」の講演に始まり、海外赴任ガイドの説明、さらに、「海外赴任者を取り巻く医療環境とメンタルヘルス」をテーマにパネルディスカッションが行われた。

日通は今年7月、グローバル企業の海外人事にまつわるソリューションを提供する組織として、海外引越事業支店に新たにグローバルサポートセンターを発足した。同社の「日通海外赴任まるごとサポート」は、海外赴任する本人、家族への赴任前オリエンテーション業務、ビザ・航空券手配、赴任後の生活支援、さらには外国籍社員の招へいに関する実務支援など、海外赴任者だけでなく、海外人事・総務担当者に対し、海外引越にとどまらない幅広いサポートサービスをワンストップで提供している。

なお、今後2か月おきに開催する予定だ。

最新ニュース

物流用語集