富士通フロンテックなど/太陽電池付ビーコンで倉庫内動線を可視化

2018年12月10日 

富士通フロンテックと富士通アドバンストエンジニアリングは12月10日、「太陽電池センサー付きビーコン」などを活用した動線分析ソリューションの実証実験を開始したと発表した。

<実証イメージ>
実証イメージ

実験は12月10日~14日にかけて、富士通フロンテックの新潟工場で実施する。

ピッキングエリアと組み立てラインの合計20か所に富士通フロンテックの「太陽電池センサー付きビーコン」を設置するほか、ピッキング台車に受信機を設置し、作業員がピッキングしている場所をビーコンの位置情報をもとに検知。

位置情報データを富士通フロンテックの「センサープラットフォーム(クラウド)」で集約し、富士通アドバンストエンジニアリングの「GLOVIA ENTERPRISE MES Smart Shop-Floor」でピッキング台車の位置情報を可視化して動線情報を分析する。

実験によって、工場や倉庫などでの電源不要であることを活かした「太陽電池センサー付きビーコン」の最適な設置や運用ノウハウを蓄積。また、「GLOVIA ENTERPRISE MES Smart Shop-Floor」と「太陽電池センサー付きビーコン」を連携させた動線分析の手法を検証し、工場や倉庫などの動線分析ソリューションのビジネス拡大につなげる。

<太陽電池センサー付きビーコン>
太陽電池センサー付きビーコン>

実験に使用する太陽電池センサー付きビーコンは、低照度(50lx)環境に対応した太陽電池を搭載しており、外部電源が不要。蓄電機能によって夜間や消灯時でも動作(満充電時に30時間の連続稼働)可能で、温湿度・照度センサーも搭載し、周囲の環境を計測することもできる。

<GLOVIA ENTERPRISE MES Smart Shop-Floor>
GLOVIA ENTERPRISE MES Smart Shop-Floor

また、GLOVIA ENTERPRISE MES Smart Shop-Floorは、製造現場での人・物の稼動情報をリアルタイムに収集・集約・可視化するソリューションで、センシングデータを取り込むインターフェース機能、センシングデータを蓄積するデータベース機能、データベースのセンシングデータを可視化するBI(Business Intelligence)機能によって、リアルタイムにデータを収集・集約・可視化することができる。

最新ニュース

物流用語集