阪急阪神エクスプレス/ ミャンマーから札幌市円山動物園へ、ゾウ4頭輸送

2018年12月07日 

阪急阪神エクスプレスは12月7日、ミャンマーのゾウキャンプから、アジアゾウ4頭を11月29日から30日にかけて札幌市円山動物園へ輸送したと発表した。

<ゾウキャンプ地での檻入れ>
ゾウキャンプ地での檻入れ

<新千歳空港での貨物機からの取り下し>
新千歳空港での貨物機からの取り下し

<空港上屋での搬出(提供:札幌国際エアカーゴターミナル)>
空港上屋での搬出(提供:札幌国際エアカーゴターミナル)

<夜間のゾウ舎搬入(提供:札幌市円山動物園)>
夜間のゾウ舎搬入(提供:札幌市円山動物園)

札幌市円山動物園では、2007年にアジアゾウの「花子」が死亡して以降、絶滅危惧種の保存と環境教育の推進を目的としてアジアゾウの導入計画を進めていたが、2014年にミャンマー政府と札幌市との基本合意が整い、「動物交換プログラム」に基づき今回の輸送が実現したもの。

今回輸送されたのは、オス1頭(10歳)とメス3頭(27歳、15歳、5歳)。阪急阪神エクスプレスのミャンマー現地法人が11月29日にヤンゴン動物園の森林内飼育場からヤンゴン空港まで陸送し、チャーター手配の貨物専用機で30日の早朝 06:14(現地時間)にヤンゴン空港を出発、同日 15:09(日本時間)に新千歳空港に到着した。

4頭は空港での検疫と輸入通関を経て同日21:00に札幌市円山動物園に到着、1日半の長旅を終えて同日23:30に無事ゾウ舎への搬入が完了した。

最新ニュース

物流用語集