日新/神戸市灘区摩耶埠頭に冷蔵倉庫を着工

2018年12月07日 

日新は12月7日、神戸市灘区摩耶埠頭に「摩耶西冷蔵倉庫」を着工したと発表した。

<完成予想図>
完成予想図

少子高齢化による労働力不足や-20℃以下での厳しい作業環境を考慮して、新倉庫には自動ラックを導入する。またBCP対策の一環として、地震発生時の貨物落下を防ぐラック制振装置や非常用電源接続口を設置し、災害への備えを強化した画期的な冷凍倉庫にする予定だ。

既存の隣接する摩耶冷蔵倉庫とともに、増加傾向にある冷凍食品需要に応えるよう庫腹を拡張し、安心・安全を第一優先に、これからも顧客の要望に応えるサービスとサポート体制の充実を図り、関西地区の社会の発展に貢献していくとしている。

■概要
所在地:神戸市灘区摩耶埠頭2-6
施設内容:冷凍自動ラック倉庫
敷地面積:約4140m2
延床面積:約8238m2
収容能力:1万2500冷蔵トン
クレーン数:5台
搬送台数:4台
棚数:5040棚
稼働予定:2020年2月頃

最新ニュース

物流用語集