日本郵船/仏石油・ガス大手とLNG船2隻契約

2018年12月07日 

日本郵船は12月7日、フランスに本部を置く石油・ガスメジャーTOTALの子会社Total Gas & Power Chartering Limited(TGPCL)と、新造LNG船2隻の長期定期用船契約を締結したと発表した。

新造船2隻は、韓国の三星重工業で2021年に竣工予定。燃料油とボイルオフガス(航行中にカーゴタンク内で気化したLNG)を利用する二元燃料低速ディーゼル機関「X-DFエンジン」や余剰ボイルオフガスを有効に利用する再液化装置を搭載する。

カーゴタンクは容量17万4000m3のメンブレン型で、優れた防熱性能をもつタンク方式を採用し、効率的で経済的な運航を実現する。

日本郵船とTOTALによるLNG船定期用船契約は、9月28日に締結した1隻目に続き2度目。両社は仏合弁会社Gazoceanで船舶管理サービスを提供しており、今後は同社とLNG輸送のほか船舶管理の面でも深く連携していく予定だ。

■LNG船の概要
積載容量:17万4000m3
全長:293m
全幅:45.8m
主機関:X-DFエンジン
航海速力:19.5ノット
建造造船所:三星重工業
竣工予定:2021年

最新ニュース

物流用語集