ERAS/o9 SolutionsとSCM領域で業務提携

2018年12月07日 

アプリケーション開発とエンジニアの育成を行うERAS(イラズ)は12月7日、SCMソフトウェアベンダーのo9 Solutions(o9)とSCM領域で業務提携を締結したと発表した。

o9は、「企業の意思決定を支援するベストテクノロジーの開発・導入」をミッションに掲げ、独自のAIエンジンとデータベースを搭載したソフトウェアを用いて、日本マーケットに向けた事業展開を進めている。

これまでにもERASと製品ローカライズやPOCを実施しており、今回の業務提携により同分野でのさらなる技術基盤の強化をめざしている。

ERASは、20代のバイリンガルエンジニアリソースに強みがあり、 Webアプリケーション開発とエンジニア育成を実施できる技術力を有する。今回の提携を機にERASは経営基盤の強化を図ると共に、 業務基盤系システムに関わる領域にも事業を展開していく。

両社は技術・人材交流や共同プロジェクトを通じて、最先端の開発に取り組んでいくとしている。

最新ニュース

物流用語集