座学で学ぶ! 物流モードマスター講座/12月19日開催

2018年12月07日 

日通総研は12月19日、「座学で学ぶ! 物流モードマスター講座」を開催する。

物流の各モード(事業)の実態を理解することができるプログラムで、効率的な輸送について、より広い視野から選択することが可能となる。

また、企業の社会的責任としての安全面・コンプライアンス面・環境面での対策にも、日本通運等で長年経験を積んだ各部門のスペシャリストが、分かりやすく解説する。

■開催概要
日時:12月19日(水) 10:00~17:15(受付9:30~)
会場:東京都港区東新橋1-9-3 日本通運本社ビル 4階会議室C
参加費:1名/32,000円(税込) ,昼食(お弁当)付き
定員:50名(最少開催人数:20名)
申込締切:12月17日(月)13:00
対象者:
・企業の物流部門、物流子会社の方で、物流の各モードの特徴と事業を学びたい方
・本テーマに関心がある方

■詳細・申込み
https://www.nittsu-soken.co.jp/training/seminar/2018lz04

■プログラム
10:00~10:05
オリエンテーション

10:05~12:05
1.トラック輸送
・トラック輸送の概要
・トラック輸送の事業制度の変遷
・トラック輸送と物流効率化
・トラック輸送の課題と近未来の展望

12:05~13:05 お昼休憩

13:05~15:05
2.航空輸送
・航空輸送の概要
・航空フォワーダーの業務
・航空輸送における安全と保守
・航空輸送の現状と課題

15:15~17:15   
3.海運輸送
・海運業界の仕組み(事業構造)
・国際海上輸送の概要
・貨物保険と貨物賠償責任保険
・内航海運輸送の概要

※カリキュラム、時間は変更になることがございますので、あらかじめご了承ください。

■講師プロフィール
・金澤匡晃(かなざわ まさあき)
日通総合研究所
Principal Consultant

日通総合研究所に入社。国内物流、国際物流に関する調査業務や、国や地方自治体等に対する政策提案業務等に従事。トラック、鉄道、航空、3PLなど分野を横断したプロジェクトへ参画。輸送モードや国の内外、官民を問わず幅広い分野の案件を担当している。近年では、ドライバーの労働力不足に関する調査・研究や労働条件の改善に向けたコンサルティングなども手掛けている。

・戸澤正樹(とざわ まさき)
日通総合研究所
Senior Account Officer

日本通運に入社。国際航空貨物運送(輸出入)に関する営業業務、カスタマーサービス業務、商品開発業務、総務・経理業務に従事。また約15年にわたる米国での勤務においてISO品質システムの認証取得、航空貨物運送(輸出入および国内運送)に係る業務全般、総務・経理業務に従事。特にクロスカルチャー環境下の職場における法務・人事マネジメントの円滑化を推進。

・丸山祥二(まるやま しょうじ)
日本通運 参与
元JIFFA業務部長

日本通運に入社、一貫して国際海上輸送業務に携わってきた。その間、国内では、国際輸送商品の企画・開発・販売に取り組み、海外では、中近東(ヨルダン)、欧州(英国、ドイツ)、アジア(シンガポール、香港)の各現地法人において海運事業に従事した。またJIFFA (国際フレイトフォワーダーズ協会)の業務部長として業界団体の活動にも尽力した。

■問い合わせ
日通総合研究所
ロジゼミ事務局 担当:山内
東京都港区東新橋1-9-3
TEL:03-6251-3279(平日10:00~18:00)
FAX:03-6251-6450
https://www.nittsu-soken.co.jp/training/seminar

最新ニュース

物流用語集