外務省/ナウルの海上輸送網強化のための支援に6億円供与

2018年12月06日 

外務省は12月5日、ナウルに対して2件の無償資金協力に関する書簡の交換を行ったと発表した。

そのうちの1件は、港湾整備関連機材の供与による海上輸送網強化のための支援(経済社会開発計画)で、供与額は6億円。

ナウルは、国内市場が小さく、生活必需品の多くを輸入に依存しており、海外からの物流の窓口として同国唯一の国際港であるアイウォ港を使用している。

しかし、コンテナ船などの大型船が入港できず、小型ボートを用いてのピストン輸送での荷揚げが必要となり非常に作業効率が悪いだけでなく、サイクロンなどを原因とした荒波により荷役作業自体に支障が出ており、安全性にも問題がある。

そのため、大型船の入港を補助するタグボートや、港湾整備関連機材を供与することにより、海上輸送網の強化を図り、もって社会の安定化を通じた同国の経済社会開発に寄与することが期待される、としている。

なお、ナウルは太平洋南西部に浮かぶ珊瑚礁のナウル島にある共和国で、イギリス連邦加盟国。面積は21.1km2で人口は1.4万人。

最新ニュース

物流用語集