日野自動車/プロファイア2万4000台をリコール

2018年12月06日 

日野自動車は12月6日、国土交通省に「日野プロフィア」のリコールを届け出た。

不具合の部位は動力伝達装置(制御プログラム)、動力伝達装置(変速用モータ)、速度計(車速センサ)の3か所。

<改善か所説明図(制御プログラム)>
改善か所説明図(制御プログラム)

動力伝達装置の不具合については、機械式自動変速機において、2個仕様の自動クラッチ作動用モータの制御プログラムが不適切なため、片側モータ失陥時に残りのモータでクラッチが作動できないことがあり、警告灯が点灯するとともに走行不能となるおそれがある。

<改善か所説明図(変速用モータ)>
改善か所説明図(変速用モータ)

また、機械式自動変速機において、変速用モータの強度検討が不足していたため、変速終了時に巻線かしめ部に過大な引っ張り力が加わり、変速が繰り返し行われると巻線が断線することがある。そのため、警告灯が点灯するとともに変速できなくなり、走行不能となるおそれがある。

改善措置として、制御プログラムについて全車両で対策プログラムへの書き換えを行うとともに、モータを新品に交換する。また、変速用モータは、全車両で対策品に交換する。

<改善か所説明図(車速センサ)>
改善か所説明図(車速センサ)

車速センサの不具合については、センサ内部の熱膨張に対する検討不足により、高温時に構成部品同士が干渉し、素子ハンダ部に過大な力が加わることがある。そのため、素子ハンダ部に亀裂が生じ、素子ハンダ部が導通不良となり、警告灯が点灯するとともに自動変速不良や速度計の指示不良となるおそれがある。

改善措置として、全車両のセンサを対策品に交換する。

対象車両は2車種126型式で合計2万3980台。また、交換修理用部品として出荷し、組付けられた可能性がある車両が472台。交換修理用部品として出荷し、組み付けられた車両が特定できない車速センサが102個。

不具合件数は、制御プログラムに関するものが36件、変速用モータが649件、車速センサが161件で、事故はなし。

■型式等は下記URLを参照
http://www.mlit.go.jp/common/001263999.pdf

最新ニュース

物流用語集