Automagi/スマホによる居眠り運転検知システム、開発を支援

2018年12月06日 

Automagiは12月5日、NTTドコモのAIを活用した映像から自動車の運転者の居眠りを検知するシステムについて、開発を支援したと発表した。

<AIによる映像分析イメージ>
AIによる映像分析イメージ

このシステムは、居眠り運転を防止するために、スマートフォンのカメラで運転者の映像を撮り、AIを用いて居眠りの予兆を映像から判断するもの。

従来のソリューションにはドライブレコーダーなどの専用端末が必要だったのに対して、このシステムは運転者のスマートフォンに専用アプリをインストールするだけで利用できる。

<アプリ画面のイメージ>
アプリ画面のイメージ

居眠りを防ぐため、アプリから定期的に音声で呼びかけるほか、長時間運転時に休憩を促す機能を搭載。居眠りを検知した場合は、スマートフォンから大きなブザー音を鳴らして運転手の注意を換気し、さらに運転者の会社や家族にSMSで通知を行う機能も備わっている。

Automagiは、画像・映像解析AIソリューション「AMY Insight」によるカメラの映像から目の瞬きや姿勢などを分析する技術や、スマートフォンのアプリを含めたこのシステムの開発全般を支援した。

最新ニュース

物流用語集