JICA/パラグアイ川の船舶航路整備で27億円の無償資金協力

2018年12月05日 

国際協力機構(JICA)は12月2日、パラグアイの首都アスンシオンで、パラグアイ政府と「パラグアイ川浚渫(しゅんせつ)機材整備計画」を対象とする最大27億円の無償資金協力の贈与契約(Grant Agreement:G/A)を締結した。

<署名式(JICA提供)>
署名式(JICA提供)

この計画は、パラグアイ国家航行・港湾公社が手がけるもので、パラグアイ川流域に堆積した土砂を取り除き、船舶航路を整備するためのカッターサクション浚渫船1隻とその他関連船舶、機材を整備する。実施予定期間は45か月。

これにより、パラグアイ川での浚渫作業能力が向上し、通年での船舶航行の確保による輸送効率化や南米地域の域内インフラ開発促進といった効果が期待される。

最新ニュース

物流用語集