東洋水産/物流費高騰で冷凍食品など最大9%値上げ

2018年12月05日 

東洋水産は12月4日、市販用・業務用冷凍食品の一部商品と生めん・チルド商品について、2019年4月1日納品分からの値上げを発表した。

原材料の上昇や物流費・包材費・人件費の高騰といった状況に対して、生産の合理化や資材調達・物流の効率化などの増加コスト吸収に向けた対策を実施してきたが、今後も安全・安心・高品質な商品を安定供給するためには、商品価格の見直しが必要と判断した。

対象商品と値上げ率は、「屋台一番焼そば」などの市販用冷凍食品が3~5%、「冷凍うどん」などの業務用冷凍食品が2~7%、「焼そば3人前各種」などの生めん類が4~9%、「シュウマイ各種」などのチルド商品が3~6%となる。

最新ニュース

物流用語集