佐川急便/AIで配送伝票入力、1日100万枚の入力を自動化

2018年12月04日 

佐川急便は12月4日、SGシステム、フューチャーアーキテクトと共同で、AIによる配送伝票入力業務の自動化システムの開発を開始したと発表した。

3社は、新システムの開発によって配送伝票の入力作業を自動化し、従来の延長線上ではない次元でのコスト削減と品質向上を追求する。

また、配送伝票の入力業務などさまざまな業務で人とAIが協働する次世代モデルをデザインし、異次元の改革を推進していく。

佐川急便は、年間に12億個の荷物を取り扱っており、繁忙期には1日100万枚もの配送伝票の情報を人の手でシステムに入力しているため、膨大な負荷とコストを圧縮しながら、高い品質を維持することが課題になっていた。

そこで、フューチャーアーキテクトとSGシステムは、深層学習を活用した文字認識などのAI技術をベースに配送伝票の情報を自動読取りする仕組みを独自に開発し、2016年から実現性についての多面的な検証を開始。

その結果、AIによる手書き数字の認識精度が99.8%以上に到達し、例外的な表記を除いてはAIが人と同じ水準で正確に読取れることを実証できたことが、新システムの開発につながった。

最新ニュース

物流用語集