北海道電力/液化天然ガス(LNG)を初出荷

2018年12月04日 

北海道電力は12月4日、液化天然ガス(LNG)を出荷した。

現在建設中の石狩湾新港発電所向けの燃料である「液化天然ガス(LNG)」を積載した輸送船が、石狩LNG基地に到着し、LNGの受け入れを開始し、タンクローリーでLNGを届ける「ガス供給事業」の開始が可能となった。

LNG初出荷を契機に、ガス供給事業を本格化させ、お客の省エネルギー・省CO2につながるESP事業などのトータルエネルギーソリューションを、さらに強力に展開する。

<ガス供給事業の概要>
ガス供給事業の概要

<LNGタンク前を走行している様子>
LNGタンク前を走行している様子

<LNGを届けている様子>
LNGを届けている様子

ガス供給事業は、タンクローリーにLNGを積み込み、お客の受け入れ設備に供給するもので、販売方法は、提携先2社(エア・ウォーター、岩谷産業)にLNGを卸供給し、提携先がお客に販売・輸送する方法と、直接お客に販売する方法(輸送は提携先)のいずれか。

最新ニュース

物流用語集