紙・パルプ/荷待ち時間改善で、トラック業者・発着荷主が検討

2018年12月04日 

国土交通省は12月6日、紙・パルプ(洋紙・板紙分野)の物流の効率化、トラックドライバーの労働時間の改善等について検討を行う懇談会を設置し、初会合を開催する。

<荷待ち時間のサンプル調査における輸送品目別件数>
荷待ち時間のサンプル調査における輸送品目別件数

洋紙(新聞用紙や印刷情報用紙等の薄手の紙)、板紙(段ボール原紙や菓子箱等に使用される厚手の紙)分野では、昨年7月に実施した調査結果によると、荷待ち時間の発生件数が多かった。

このため、洋紙・板紙の物流について、トラック運送事業者、発着荷主等の関係者が連携した、サプライチェーン全体での検討を行う。

トラック運送業においては、ドライバー不足が大きな課題となっており、物流が継続的にその機能を果たしていく上では、トラックドライバーの長時間労働の改善を図るとともに、物流の生産性向上を図っていく必要がある。物流の生産性向上のためには、個々の輸送品目ごとに抱える課題や特性に違いがあるため、加工食品続いて、開催する。

■懇談会委員名簿
矢野 裕児:流通経済大学/教授
伊藤 洋一:日本製紙連合会/物流委員会委員長(王子物流/代表取締役社長)
有坂 直樹:日本洋紙代理店会連合会/物流委員会委員長(新生紙パルプ商事/物流部長)
難波 睦雄:日本板紙代理店会連合会/白板紙部会長(新生紙パルプ商事/執行役員)
井元 伸哉:竹尾/執行役員
小澤 典由:日本印刷産業連合会/常務理事
佐藤 行伸:西日本段ボール工業組合/専務理事
上野 正人:JPトランスポートサービス/代表取締役社長
中島 義弘:王子陸運/代表取締役社長
近野 裕之:平田倉庫/常務取締役東京支店長
松崎 宏則:全日本トラック協会/常務理事
黒澤 朗:厚生労働省/労働基準局労働条件政策課長
湯本 啓市:経済産業省/製造産業局素材産業課長
山田 輝希:国土交通省/総合政策局物流政策課長
多田 浩人:国土交通省/総合政策局官房参事官(物流産業)
平嶋 隆司:国土交通省/自動車局貨物課長

最新ニュース

物流用語集