楽天/インドで物流ロボティクスを研究

2018年12月04日 

楽天は11月30日、新たなテクノロジーを創出するための研究機関「楽天技術研究所」の新規海外拠点としてインドのバンガロールに「楽天技術研究所 Bengaluru」を開設した。

同研究所は、東京をはじめ、パリ、ボストン、シンガポール、サンマテオに研究拠点を設けているが、新設した「楽天技術研究所 Bengaluru」は、インドにおいて初の拠点、世界では6拠点目となる。

ディープラーニングや、コンピュータビジョンのほか、物流倉庫業務における無人ロボット運用に関する領域を中心に、先進技術を使った革新的なサービスにつながる新しい研究を推進する。

物流ロボティクスなどを活用した倉庫内業務の自動化による、物流効率化を研究する。

最新ニュース

物流用語集