アパレルのTSI/アッカ、プロロジスとロボット物流業務提携

2018年12月03日 

アパレル企業のTSIホールディングス(TSIHD)は12月3日、子会社のTSI・プロダクション・ネットワーク(TSIPN)が、アッカ・インターナショナル(アッカ)、プロロジス、エムジェイファンクションとロボット物流業務の提携を結んだと発表した。

これは、TSIグループの生産・物流業務機能を管理するTSIPNがBPRの一環として物流業務のロボット化による業務の安定化と省人化に着手することとしたもの。

<プロロジスパーク千葉ニュータウン>
ロロジスパーク千葉ニュータウン

<「ローズバッド」公式オンラインストアのトップ画面>
「ローズバッド」公式オンラインストアのトップ画面

アッカはアパレルECに必要な業務全般のサービスを提供しているが、昨年からプロロジスが保有する千葉ニュータウンの物流施設(プロロジスパーク千葉ニュータウン)でピッキングロボットGeek+(ギークプラス)を国内で初めて導入し、ロボット物流のノウハウを持つ企業。

同施設にTSIグループの「ローズバッド」の商品を移管し、ECの商品だけでなく、リアル店舗の商品についてもアッカの持つロボット物流のノウハウを活用していく。

また、リアル店舗向け商品の業務管理システムや、ロボット運用連携において重要なシステムについては、TSIグループの物流業務を熟知している取引先の一つであるエムジェイファンクションのノウハウを活用することにより構築していく。

今後のスケジュールは、12月3日から「ローズバッド」の19年春物商材のロボット物流の運用開始し、2019年春には「ローズバッド」の本格運用を開始する。

TSIグループはプロロジスの保有する成田の施設も使用しており、そのロボット化についても今回と同様にプロロジスを物流戦略のプロジェクトパートナーとして予定している。また、RFID等の先進技術も活用することにより、新しい物流ロボティクスの構築を目指していくとしている。

最新ニュース

物流用語集