パナソニック/世田谷区で宅配便の受け取りに関するストレスを検証

2018年12月03日 

パナソニックは12月3日から、東京都世田谷区の戸建住宅に住む子育て世帯50世帯を対象に宅配ボックスを設置し、宅配便の受け取りに関するストレスの変化を検証する実証実験を開始した。

<戸建住宅用宅配ボックスCOMBO(コンボ)ミドルタイプ>
戸建住宅用宅配ボックスCOMBO(コンボ)ミドルタイプ

<設置の様子>
設置の様子

パナソニックが実証実験のモニター世帯を対象に行った事前アンケート調査では、子育てや家事などの理由から、在宅の場合でも荷物を受け取れないことがある世帯が70%を占めている。

また、宅配便の待ち時間により、家族での外出や買い物の時間が制限されていることが分かった。今回の実証実験では、受け取りに関するストレスの要因として「再配達により発生する待ち時間」や「運送業者と非対面での荷物の受け取り率」の変化などを調査する。この実証実験の結果は2019年3月以降に発表する予定だ。

なお、パナソニックはこれまで、2016年に福井県あわら市と連携し戸建住宅を対象に、2017年に京都市や京都産業大学などと連携し学生アパートを対象にした実証実験を行い、宅配ボックスが再配達率の低減に大きく貢献することを実証してきた。これまでの実証実験は物流問題に対する宅配ボックスの貢献度に着目した調査であったのに対して、今回の実証実験では都市部の子育て世帯を対象に、受け取りの実態に着目して調査することで、宅配ボックスによる生活の変化について調査する。

■プロジェクト概要
プロジェクト名称:「子育て家族の受け取りストレスを減らせ!プロジェクト」
調査実施期間:2018年12月3日~2019年1月31日
実施地域:東京都世田谷区
検証項目:再配達による待ち時間、 非対面での受け取り率、 受け取りに関するストレスの変化など
主催:パナソニック エコソリューションズ社
特別協力:特定非営利活動法人せたがや子育てネット
協力:世田谷区、 アマゾンジャパン合同会社
モニター世帯:世田谷区の子育て世帯で週に2回以上宅配便を利用する50世帯(うち9割が共働き)
モニター製品:戸建住宅用宅配ボックスCOMBO(コンボ)ミドルタイプ、 COMBO(コンボ)専用取付け金具

プロジェクトサイト
http://sumai.panasonic.jp/exterior/takuhai/combo/project2018/

最新ニュース

物流用語集