カトーレック/仙台低温物流センターが保税蔵置場許可を取得

2018年12月03日 

カトーレックは12月3日、横浜税関より仙台低温物流センターにおいて保税蔵置場の許可を12月1日付で取得したと発表した。

<仙台低温物流センターからのフロー図>
仙台低温物流センターからのフロー図

<位置図>
位置図

<仙台低温物流センター外観>
仙台低温物流センター外観

冷凍冷蔵倉庫での保税蔵置場であり、冷凍冷蔵品の輸出入貨物の蔵置・取扱いが可能になった。併せて、動物検疫所より畜産物の輸出入検査場所の指定も取得した。

仙台低温物流センターが仙台塩釜港から約7㎞の至近距離にあることから、食品業界の顧客に対し、冷凍冷蔵品の保税エリアへの入庫から輸出入通関、保管・仕分・流通加工作業・出庫・輸配送までトータルなサービスを提供する。

これにより、保税に係る物流コストの削減やリードタイム短縮、品質面での向
上・コンプライアンス強化を実現した。

動物検疫所の輸出入検査場所の指定を取得していることから、畜産品をはじめとする原材料の調達物流から製品の販売物流まで、顧客のサプライチェーンをトータルでサポートするとしている。

このセンターは、2016年3月に竣工した365日24時間稼働の四温度帯対応倉庫。仙台東部道路の仙台東ICから3㎞に位置し、仙台を中心とした東北エリアや全国へのアクセスにも優れ、食品・日用品等の在庫保管・流通加工と各納品先への効率的な配送拠点として運営している。

■物流センターの概要
名称:カトーレック仙台低温物流センター
所在地:宮城県仙台市宮城野区扇町1-3-25
アクセス:仙台塩釜港より約7.7km
     仙台東部道路仙台東ICより約3km
     JR仙石線小鶴新田駅より徒歩約8分
構造:鉄骨造2階建 (準耐火構造)
敷地面積:1万1657㎡
延床面積:1万593㎡
用途:冷凍/チルド/冷蔵/常温
許認可等:保税蔵置場 / 畜産物の輸出入指定検査場所

設備仕様
事務所:705m2
倉庫:冷凍(-25℃):2221m2㎡/チルド(0~5℃):841m2/冷蔵(5~10℃):5517m2/常温:1260m2
トラックバース:30バース (内 可動式ドックシェルター30 バース)
バーチレーター:2基 ・エレベーター:2基
監視設備:各異常監視センサー、温度センサー(データ蓄積型)

最新ニュース

物流用語集