ヤマト運輸/レンタル衣装の返却にオープン型宅配便ロッカー活用

2018年11月28日 

ヤマト運輸は11月28日、キーザンキーザンが運営するメンズファッション月額制レンタルサービス「leeap(リープ)」のレンタル商品返却に、全国3200か所のオープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」が利用できるようになったと発表した。

<webサイトで返却方法を選択>
webサイトで返却方法を選択

利用方法は、leeapのユーザーが商品返却時の発送方法としてPUDOステーションを選択する。

<PUDOステーションでの発送手続き>
PUDOステーションでの発送手続き

その後、PUDOステーションに返却する衣装を持ち込み、leeap上で発行された二次元コードを使って発送手続きを行う。

クロネコメンバーズの利用者であれば、PUDOステーションで衣装を受け取ることもできる。

ヤマト運輸とキーザンキーザンは、6月からleeapサイト上での商品宅配日時と受け取り場所の変更操作や、商品返却時の配送手続きを可能にするなど、ファッションレンタルをよりスムーズにできるよう連携を開始している。今回、PUDOステーションでの商品返却が可能になったことで、サービスのさらなる利便性向上を図った。

最新ニュース

物流用語集