東洋ゴム/トラック・バス用低燃費スーパーシングルタイヤ、北米に供給

2018年11月28日 

東洋ゴム工業は11月28日、今年3月に確立した新ゴム配合技術を採用することによって、高い耐摩耗性能と転がり抵抗を低減したトラック・バス用低燃費スーパーシングルタイヤを北米市場向けに、来春より供給すると発表した。

<北米市場に投入する低燃費スーパーシングルタイヤ>
北米市場に投入する低燃費スーパーシングルタイヤ

このスーパーシングルタイヤは、独自に開発した特殊ベルトパッケージをタイヤ構造に採り入れることによって、タイヤの形状や耐久性を確保するとともに、車軸の左右に装着されるタイヤの間隔が広がることで、車両の操縦安定性を向上させている。

北米市場に投入されるのは、「NANOENERGY M175」「NANOENERGY M675」で、Nano Composite Polymerを活用した低燃費化に優れた新しいゴム材料を採用したことにより、高い摩耗性能を維持しながら転がり抵抗を従来品比で約6%低減することができた。

これら、北米向けに市場投入する長距離用低燃費スーパーシングルタイヤは、耐摩耗性と低燃費性能という相反する性能をさらに高い次元で両立し、車両の積載能力増大への寄与はもちろん、タイヤライフや環境性能をより向上した優位性の高いトレーラーヘッド、トレーラー用タイヤとなる。

また、ダブルタイヤの場合と比べ、車軸1軸あたり約100kg(タイヤとホィール合計質量)削減、すなわち車両全体の軽量化につながり、積載量の大幅増大に寄与できるようになった。

通常、トラクタ(トレーラーヘッド)の後軸に2軸、トレーラー部に2軸の車軸が配されているため、この場合、約400kg大幅な軽量化となり、輸送の効率化、燃費効率の向上に大きく寄与することとなる。

米国内では、商業輸送において温室効果ガスの低減に効果のある技術・製品を認証し、市場への導入促進を図る「SmartWayプログラム」が施行されており、これに対して、東洋ゴムは2010年より同認証を取得したトラック・バス用タイヤ10商品を市場に投入してきた。

一方、これまで、一軸につき、左右それぞれ2本ずつのダブルタイヤによる構成が主流だったが、左右1本ずつのタイヤで代替できるスーパーシングルタイヤが北米市場では普及しており、東洋ゴムでも開発を行ない、2017年より供給を始めている。

最新ニュース