大和ハウス/20億円投じ、マレーシアに物流施設開発

2018年11月28日 

大和ハウス工業は11月28日、マレーシア・セランゴール州において、同社マレーシア初となるマルチテナント型物流施設「D Project Malaysia Ⅰ(DプロジェクトマレーシアⅠ)を2019年1月7日に着工すると発表した。

<「DプロジェクトマレーシアⅠ」外観イメージ>
「DプロジェクトマレーシアⅠ」外観イメージ

<位置図>
位置図

「DプロジェクトマレーシアⅠ」は、敷地面積約3万m2、延床面積約1万8000m2、賃貸面積約1万6500m2となる。

立地は、クアラルンプール中心部から南西へ約27km、「クアラルンプール国際空港」から北へ約40km、シャー・アラムの工場や物流施設が建ち並ぶエリアに位置している。この施設は、近年マレーシアにおいて需要が高まるコールドチェーンに対応した3温度帯の物流施設となる。

ターゲットは、マレーシア国内外の食料品を取り扱う企業等を想定している。

大和ハウスは、2011年にベトナムにおいて、双日と神鋼環境ソリューションと共同で、「ロンドウック工業団地」を開発して企業誘致や工場建設を行い、その後、同国やインドネシア、タイにおいて物流施設開発を進めている。

そのような中、マレーシアで多様化する物流施設のニーズに対応するため、「DプロジェクトマレーシアⅠ」に着手することになったもの。

なお、同事業の賃貸管理は、大和ハウスが2018年5月に設立したマレーシア現地法人「Daiwa House Malaysia Logistic Sdn. Bhd(ダイワハウスマレーシア・ロジスティック)」が行う。

■建物概要
名称:「 D Project Malaysia Ⅰ」(ディープロジェクト・マレーシア・ワン)
所在地:マレーシア・セランゴール州シャー・アラム(Lot 22204, Section 33 Shah Alam, Selangor , Malaysia)
交通:シャー・アラム高速道路「コタ・ケムニンインターチェンジ」から約3.5km、クアラルンプール中心部から南西へ約27km、「クラン港」から東へ約24km、「クアラルンプール国際空港」から北へ約40km
建物用途:マルチテナント型物流施設
事業主・運営会社:Daiwa House Malaysia Logistic(ダイワハウスマレーシア・ロジスティック)
構造・階数:鉄筋コンクリート造 平屋建て(一部2階:事務所部分)
総事業費:約20億円
敷地面積:約3万m2
延床面積:約1万8000m2
賃貸面積:約1万6500m2
内訳:常温(ドライ):約8600m2
冷蔵・冷凍(チルド・フローズン):約6600m2
事務所:約1300m2
入居可能テナント数:2テナント
着工予定:2019年1月7日
竣工予定:2020年1月
入居予定:2020年3月

最新ニュース

物流用語集