佐川急便/北海道初、タクシー会社と宅配の貨客混載開始

2018年11月28日 

佐川急便は11月27日、北海道上川郡のHEYタクシーと宅配事業の効率化、地域の交通インフラ活性化を目的に、貨客混載事業を展開することを決定し、11月21日から乗用タクシーを活用した宅配事業を開始したと発表した。

<運用フロー>

事業概要は、HEYタクシーの乗用タクシーの荷室に佐川急便の宅配荷物を積み込み、旅客事業を行う以外の時間帯に荷物の配達を行う。今回計画しているエリアは上川郡当麻町で、乗客利用の比較的少ない日中の時間帯を活用して乗用タクシーの運転手が個別配送するもの。配達業務を終えた後は、佐川急便 旭川営業所の担当ドライバーが不在などの未配達の荷物を回収し業務終了となる。

乗用タクシーを活用して荷物を配達する貨客混載事業は北海道の宅配便事業者で初めてとなる。

最新ニュース

物流用語集