SBSHD/グループドライバーコンテスト、7社24名参加

2018年11月27日 

SBSホールディングスは11月27日、ドライバーの安全知識と運転技術の向上、グループ全体への安全意識の浸透を目的に11月17日、埼玉県トラック総合教育センターで、第3回ドライバーコンテストを開催したと発表した。

<トラックに乗車する鎌田代表>
v

<参加者全員で撮影>
参加者全員で撮影

<鎌田代表と入賞者で記念撮影>
鎌田代表と入賞者で記念撮影

コンテストには、物流事業を営むグループ会社7社から全国トラックトライバーコンテストに参加した選手をはじめ、前回より4名多い男女合わせて 24名が出場。鎌田代表をはじめ、各社の役員、所属長や同僚など総勢173名が参加した。

競技は、「点検競技」、「学科競技」、「運転競技」の3科目合計1000点で審査を行った。

安全意識の浸透に加え、ドライバーが日々の業務の研鑽を発表する機会としても、ドライバーコンテストの開催には重要な意義があるとし、SBSグループでは、このコンテストを今後も継続的に開催し、技術のみならず経験を共有することで、グループ全体の品質および安全意識の向上を図っていくとしている。

■成績
優勝 橘木 敏雄 SBS フレックネット 佐久営業所
2位  平川 哲也 SBS ロジコム 所沢物流センター支店
3位 米山 英男 日本レコードセンター 運輸部
4位 中丸 るい SBS ゼンツウ 東京西営業所
5位 佐藤 卓也 日本レコードセンター 運輸部

最新ニュース

物流用語集