鹿児島荷役海陸運輸/鹿児島県志布志市で倉庫増設

2018年11月27日 

鹿児島荷役海陸運輸は11月19日、鹿児島県志布志市と立地協定を締結し、市内で倉庫を増設すると発表した。

<立地協定調印式>
立地協定調印式

用地面積1万3208m2に建物面積3411m2の建屋を2019年6月に着工し、2020年4月の操業開始を目指す。投資予定額は4億7000万円。

鹿児島荷役海陸運輸は、1957年6月に鹿児島市で創業。志布志市では1987年に営業所を開設し、志布志港での外航船・内航船の港湾荷役作業や九州管内の陸上貨物輸送業務を行っている。

今回、国際バルク戦略港湾に選定された志布志港で、穀物などの取扱量増が見込まれることから、飼料原料や鋼材、コンテナ貨物の保管を目的に倉庫の増設を決定した。

■倉庫の概要
名称:鹿児島荷役海陸運輸(仮称)物流センター
所在地:鹿児島県志布志市志布志町安楽字川尻330-6ほか
用地面積:1万3208m2
建物面積:3411m2
着工予定:2019年6月
操業予定:2020年4月
投資予定額:4億7000万円
新規雇用者:12名
事業内容:飼料原料、鋼材、コンテナ貨物の保管を目的とした倉庫業

最新ニュース

物流用語集