JA全農/岡山に農薬の広域物流拠点稼働

2018年11月26日 

JA全農は11月26日、中四国7県域(鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、愛媛)を供給エリアとする農薬の広域物流拠点「JA全農中四国広域物流センター」を岡山県岡山市内に設置し、12月3日から稼働すると発表した。

<中四国広域物流センター稼働後の配送フロー図>
中四国広域物流センター稼働後の配送フロー図

県域を越えた広域物流センターは、2012年から稼働している北部九州地区に続き、中四国地区が2か所目となる。

中四国広域物流センターでは、農薬メーカーのストックポイント(一時保管のための施設)や各県域の在庫を集約し、一元的に在庫管理を行う。

業務の流れとしては、農薬メーカーへの発注について、中四国7県域の需要をまとめて一括発注を行い、工場から集中配送により同センターに納品する。

農家組合員やJAからの受注に対しては、配送先別の集品作業や農家別セット組み作業(農家別に仕分けして箱詰めする作業)を集中的に行い、中四国7県域へ効率的に配送することになる。

なお、11月29日にJA全農中四国広域物流センター(岡山県本部総合流通センター内)で13時半から出発式を開催する。

■概要
名称:JA全農中四国広域物流センター
場所:岡山県岡山市南区藤田566-126(岡山県本部総合流通センター内)
稼働開始時期:2018年12月3日
対象県域:鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、愛媛
年間供給金額:約95億円(約35万ケース)
業務委託先:日本通運

最新ニュース

物流用語集