国交省/9か国で危険物とコンテナ海上輸送のセミナー開催

2018年11月22日 

国土交通省海事局は11月22日、危険物とコンテナの海上運送に係る国際規則の理解及び制度整備の促進を図るため、APECプロジェクト予算を活用し、海上輸送コンテナの取扱シェアの過半数を占める9か国・地域が参加する初の「APECワークショップ/セミナー」を主催したと発表した。

<セミナーの様子>
セミナーの様子

参加国・地域は中国、韓国、マレーシア、フィリピン、台湾、タイ、アメリカ、ベトナムの9か国。11月13日から15日にかけて行った。

ワークショップ/セミナーでは、国際規則に関する講義、日本の制度紹介等を行うとともに、参加国・地域より関連する各国の取組や事故の事例等が紹介された。

また、危険物の安全な国際海上輸送に向けた規則の遵守のための教育訓練などの重要性についての認識の共有を図り、未来の事故防止のため、引き続き関係を強化していくとしている。

なお、国土交通省海事局では国際協力の一環として、危険物輸送に関する国際規則及び各国での取組み等についての情報を共有し、今後の各国・地域での制度整備に活用してもらうことを目的として、このイベントを開催したもの。

最新ニュース

物流用語集