三菱倉庫、アルフレッサ/医薬品・再生医療物流の研究会を立ち上げ

2018年11月22日 

三菱倉庫とアルフレッサは11月21日、次世代の流通を検討するための研究会を立ち上げたと発表した。

研究会では、次世代の「医薬品物流」と「再生医療等物流」をメインテーマとし、メーカー物流等の物流インフラの共同化・効率化や、海外との物流、PIC/S GDPへの対応などを検討し、取引先に提案できる協業ソリューションの構築を目指す。

また、労働力不足問題や IoT・AIなどの先端技術の適用といった、医薬品の流通・物流分野での環境変化についても両社で意見を重ね、新たな対応策の構築を目指していく。

アルフレッサと三菱倉庫は8月に業務契約を締結し、川崎市川崎区殿町の「ライフイノベーションセンター」内で、治験製品や再生医療等製品の保管・輸送を共同で実施している。今後は、メーカーから医療機関、患者までの新たな流通の仕組みを作り、医薬品などの流通にさらなる付加価値を創出することが必要と考え、研究会の立ち上げに至った。

最新ニュース

物流用語集