人手不足/運輸・倉庫は7割以上の企業が正社員不足

2018年11月22日 

帝国データバンクは11月21日、人手不足に対する企業の動向調査(2018年10月)を発表した。

<従業員が「不足」している上位10業種>
従業員が「不足」している上位10業種

それによると、正社員が不足している企業は 52.5%で1年前(2017年10月)から3.4ポイント増加し、調査開始以来、過去最高を更新した。

このうち、「運輸・倉庫」は70.6%と1年前比6.9ポイント増、2年前比18.0ポイント増となり、「放送」(78.6%)「情報サービス」(74.4%)に次いで高い数値となった。

企業の声では、「2020年の東京五輪に向けた建築資材等の需要が伸びているが、人手不足により受託が難しい(一般貨物自動車運送、兵庫県)、「輸送需要はあり、値上げにも理解が進みやすい状況にある一方、運転職を中心とした人手不足や、それを補うための人件費・外注費の上昇、さらに値上げでカバーしきれない程の燃料費の上昇など、コスト増加が続いている状況(一般貨物自動車運送、熊本県)等の意見があった。

最新ニュース

物流用語集