佐川急便/新TVCM&Web動画「和菓子屋の父」篇公開

2018年11月21日 

佐川急便は11月21日、結婚する娘とその父親の物語を軸に、二人の想いをつなぐ、佐川急便のセールスドライバーを描いた新テレビCM「和菓子屋の父」篇(30秒、60 秒)を、11月22日から全国で放映すると発表した。

<新テレビCM「和菓子屋の父」篇>
新テレビCM「和菓子屋の父」篇

また、Web 動画「和菓子屋の父」篇(ロングバージョン・138秒)を、11月21日15時から、YouTube佐川急便公式チャンネルで公開する。

新CMでは、とある和菓子屋を舞台に、和菓子職人の父と、その父から結婚を猛反対され、父親が来ない結婚披露宴に臨む娘のストーリーを通じて、ひとつの荷物の中に込められた「想い」をシンボリックに描いた。父親が欠席した結婚式当日、式場に届けられた「父の想い」が、娘とのわだかまりを解き、あふれる涙になっていく――セールスドライバーという仕事の真ん中にある「想いをつなぐ仕事」という本質を、繊細で美しい日本文化を感じる映像世界で表現している。

最大の見どころは、父の想いと愛が詰まったサプライズを目の当たりにした瞬間、娘の目から涙がこぼれるシーン。深い愛情が込められた、世界にひとつのウエディング和菓子ケーキの繊細な美しさを、花嫁の美しさとともに、印象的に描いている。また、インサートでは、心を込めてケーキを作る懸命な父の姿と、完成したケーキをセールスドライバーに託すシーンを大切に描き、それぞれの想いがつながる物語であることを印象付けている。

父親にとって、特別な出来事である娘の結婚物語と絡めて、佐川急便のセールスドライバーの仕事を描くことで、顧客の深い共感につなげている。

Web 動画では、30秒のCMでは表現しきれない、父と娘、そしてセールスドライバーという3人の登場人物それぞれに物語を感じるように、一人ひとりの表情と感情の動きを丁寧に描いている。舞台の和菓子屋という繊細で美しい日本の伝統文化を生かし、情緒や空気感を感じるインサートカットを多く入れることで、よりエモーショナルな世界観を演出している。

最新ニュース

物流用語集