パナソニック/配送の可視化ソリューションを提供

2018年11月20日 

パナソニックは11月20日、完全子会社であるゼテス・インダストリーズSA(ゼテス社)の「ZETES CHRONOS(ゼテス クロノス)」システムを活用した「配送見える化ソリューション」を、メーカー、卸、小売などの荷主や3PL事業者向けに、12月1日から提供すると発表した。

<配送見える化ソリューション>
配送見える化ソリューション

<ソリューションの概要>
ソリューションの概要

このソリューションでは、配送現場のプロセスを可視化するZETES CHRONOSシステムと、ドライバー端末(ハンドヘルド)「TOUGHBOOK(タフブック)」を使用。運行管理者のPCと、ドライバーのハンドヘルド端末をクラウドサーバー経由で相互連携させ、配送状況や配送作業をリアルタイムに可視化する。

これによって、ドライバーの業務効率化や作業ミスの軽減を図れるほか、配送効率向上や問い合わせ対応の迅速化、品質向上、誤配送・誤集荷の防止、エビデンス管理の効率化・リスク軽減が可能。

また、システムはクラウドサービスで提供するため、利用者はサーバ環境の構築やシステム管理専任者を必要とせず、初期投資を抑えてソリューションを導入することができる。

可視化システムとドライバー端末、365日対応のコールセンターによるサービス・サポートをワンストップで提供。使用中の基幹システムや配車システム、地図ナビゲーションシステムなどとの連携も可能となっている。

最新ニュース

物流用語集