NTTロジスコ/RFIDタグで医療材料トレーサビリティー実験開始

2018年11月16日 

NTTロジスコとNTTデータは11月16日、スミス・アンド・ネフューの協力の下、整形外科インプラント等の在庫管理が煩雑な短期貸出領域において、RFIDタグを用いた医療材料トレーサビリティーの実証実験を11月から開始したと発表した。

<短期貸出の概要図>

<実証実験の概要図>

実証実験では、製造販売業者の製品(医療材料)に貼り付けたRFIDタグを用いて医療材料の利用状況を追跡することで、リアルタイムな在庫/使用確認が可能となり、販売代理店・特約店の受発注業務の迅速化および業務効率化、製造販売業者の在庫削減や滅菌切れによる廃棄削減を目的としている。NTTロジスコはRFIDタグの貼り付け、NTTデータは実証用システム構築を担当する。

タイムスケジュールは2018年11月~12月が実証実験、2019年1月~2月が効果検証としている。

NTTグループは今後、2018年度末をめどにこのソリューションの有用性を評価し、医療材料領域の製造販売業者、販売代理店・特約店が共同で利用可能なプラットフォームサービスの提供開始を予定している。

さらに将来的には医療材料の使用実績と患者情報を紐付けて、医療機関におけるアウトカム(結果、成果という意味)分析等のデータ分析にも利用できるサービス展開を目指している。

最新ニュース

物流用語集