メルカリ/UPSと連携、米国版メルカリで出品物梱包・配送代行開始

2018年11月16日 

メルカリは11月16日、グループ会社のMercariが、UPSと連携し、US版メルカリで出品した荷物の梱包・配送代行サービス「Mercari Pack and Ship」を11月15日(太平洋標準時)から全米4700店超のThe UPS Storeで開始したと発表した。

<Mercari Pack and Ship>

Mercari Pack and Shipでは、The UPS Storeの専門スタッフが梱包を代行することで、通常の段ボールには入らない、梱包技術が必要な食器や楽器、カーパーツなど、大きな荷物や割れ物を安心して配送することが可能になる。

<作業の流れ>

また、The UPS Storeのスタッフが配送伝票の印刷も行うため、利用者はThe UPS Storeに出品物を持参するだけで梱包から発送手続きまでを完結できる。

<料金>

料金は、10ポンド(約4.5キログラム)までの商品が全米一律20ドルで、以降は重さによって最大150ポンドまで160ドルで配送可能。また、重さや配送料金にかかわらず、5営業日以内で送り先に配送する配送保証が付いてくる。

US版メルカリでは、以前からUSPS(米国郵便公社)、フェデックスの2配送業者と提携し、迅速かつ低価格帯での配送を実現してきた。新たにUPSと連携し、これまで障壁となっていた梱包作業をThe UPS Storeが肩代わりすることで、メルカリの利用拡大につなげる。

最新ニュース

物流用語集